女性

心をケアする資格を取ろう|心理カウンセラーになるために

伝統医療の専門家になる

整体

骨や筋肉の故障を治療

医療をはじめ、福祉・介護・スポーツなど幅広い分野で活躍している職種に、柔道整復師というものがあります。柔道整復師は、一言で言うなら骨・関節・筋肉のエキスパートです。柔道場における応急処置術に端を発するとされる独自の技術で、骨折・脱臼・打撲・ねん挫などの故障を修復します。外科手術や投薬などは行わず、手技を中心とした治療を通じて人間の身体が持つ自然治癒力を引き出します。柔道整復師は国家資格となっており、毎年1回実施される国家試験に合格することで取得することができます。いわゆる業務独占資格に属し、資格のないものが業として治療行為を行うことは認められていません。極めて専門性の高い資格であると言うことができます。

自ら開業することも可能

柔道整復師試験の受験資格を得るには、国が指定した養成施設で解剖学・生理学・整形外科学などについて学ぶ必要があります。もちろん実習もあります。養成施設はその多くが3年制の専門学校で、一部3年制の短大及び4年制の専門学校、大学があります。柔道整復師の就職先は、接骨院・整骨院・病院の整形外科等の治療施設が中心となります。接骨院及び整骨院については、自ら開業者となることもできます。最近ではカイロプラクティックやダイエット指導を取り入れるなどして、総合的な健康サロンを開業するといった工夫をすることで成功している例もあります。その他の就職先としては、リハビリセンター、高齢者介護施設、スポーツジムなどがあります。